So-net無料ブログ作成

女将の最高の美しさ [スレンダー]



見慣れた光景だったが、この夜も一斉に始まったのだ。闇のあちらこちらから、光り輝く真っ白な綿毛のような塊が、ゆっくり真っ直ぐに空中に立ちのぼっていた。両手で抱えるほど膨らんだ光は、穏やかに脈動して、身を寄せ合うように寄り添って、虹色の光となって空に昇った。「いつ見ても、女将のように美しい」毎夜に起こる現象に男が初めて触れた。女は、見慣れたものに疑問が湧いた。「あれは何だ!?」「浄化された生命さ」

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。