So-net無料ブログ作成
検索選択

巨乳女性と車を選ぶ [水着]




沢山のポリス車両が並んでいたはずの地下駐車場は、ほとんどが出動したまま帰還しなかったらしく、銃器の武器庫同様に閑散としていた。それでも何両かの車両は残っていて、その中には警察車両もあった。 マヤがエンジンキーのシリアルナンバーと警察車両を見比べながら、鍵束の中から適当なキーを選びだした。鍵穴にエンジンキーを差し込むと、軽快な音とともに警察車両の扉ロックが外れる。その間に巨乳の類は警察車両のボンネットを開けて、エンジンに異常が無いか確認してたりしていた。



巨乳より美脚でしょ! [パンスト]




最近は巨乳アイドルが増え過ぎて、巨乳アイドルがでてきてもなんとも思わなくなってきましたよね?(苦笑)ひと昔前だったら、「巨乳アイドルの何々」みたいな紹介されたら、テレビにかぶりついて見てましたけど、最近は「ふ~ん」って感じでみてますからね(笑)最近は、美脚のアイドルが出てきたら、テレビにかぶりついてますけどね(笑)
クリック⇒神奈川 女性 ナイトワーク アルバイト
クリック⇒神奈川 女性 風俗 アルバイト



巨乳で幸運 [ぽっちゃり]




撃たれたものと思われた。大きな血管は負傷していないし、筋肉や神経の損傷もそこまでではない。この巨乳のマヤ巡査はなかなかの運の持ち主だ。 慎重に傷口を縫合し、治療の仕上げをしていく。傷口が治癒したら抜糸をしなければならないだろう。マヤは泥酔状態のおかげであまり痛みを感じられていないのが、良かった。傷口の縫合を完了したら、ガーゼを使って流れ出た血液を拭って消毒し、それから新品未開封だった清潔な包帯をぐるぐると巻きつける。



巨乳の女の子が会釈している [スレンダー]


「世の中には音楽の嫌いな人も居るんだよ・・・人それぞれだ」疲れた身体をどっかりシートに沈めていた。ふたりを乗せたタクシーは、知らない道を曲がりながら、派手なネオンの際立つ大阪の街へと、吸い込まれていった。遮光カーテンを開くと、窓の外には良く晴れた大阪港のパノラマが広がっていた。貨物船やコンテナ船が停泊していて、遠くまでコンテナヤードが続いていた。取りたてて何の変哲も無い港の風景なのだが、それでも海を見続けていると、自然に穏やかな気分になった。
[PR] デリヘル 茨城
[PR] 広島 ナイトワーク 仕事





巨乳に憧れすぎて・・・ [パンスト]




巨乳に憧れすぎてる僕の彼女。ほんと美容系の番組とかやってたら、すっごい目でメモ取りながら真剣に見てるんですけど、正直、僕は巨乳好きじゃないんですよ(苦笑)どっちかいうと、小ぶりな貧乳好きなんですよ。だから、巨乳になんてなってほしくないんですけど、最近なんか「豊胸しようかな?」なんて言い出すから、さぁ大変!!必死で彼女を説得して、なんとか豊胸は、やめさしたんですけど、そんなに巨乳って女の子の憧れなんですかね?



巨乳だから抵抗している [制服]


亀頭まで抜くと再び腰に思いっきり力を入れていて、強い抵抗を感じながら締まった肉壷を押し拡げていた。ズッ、ズブッ・・・ゆっくり、じっくりと侵略していく。息をハァハァ乱して喘ぐ姿を見ると、覆い被さって貪りつきたくなって、再び脚を広げて身体ごとのしかかった。動きを止めて顔をじっと見つめると、息を乱しながら何かを訴えるように虚ろな視線を返してきた。こんなに心細げな表情を、今まで見た事が無かった。可愛いな・・・汚してあげるよ。
[PR] 渋谷 風俗嬢
[PR] 東京 風俗 ソープ





巨乳にはから揚げ [パンスト]




最近、貧乳の彼女が「巨乳になりたい」っと言い出して巨乳になるために、なにやらやってるんです。何してるかというと、テレビで、「鳥のから揚げを食べ続けたらたら巨乳になった。」っていう巨乳アイドルがいて、鳥のから揚げばっかりたべてるんです。朝も昼も夜もから揚げ。二週間くらいその、から揚げ生活を、していたんですが、全く効果はなく、逆にから揚げの食べ過ぎで、体重が増え、巨乳ではなく巨漢になってしまったんです(笑)



巨乳女性の返事が無い [女子大生]


「言わないで・・・」彼女の声が震えていた。「イイくせにさ・・・」僕はヌルヌルになった熱い固まりをしごきながら、同じように彼女の芯をしごいた。「あぁっあっあぁ!はぁん!」「はぁはぁ・・・そんなに声あげて・・・んんっ」間近で聞く彼女の声が体に響いて、快感が中心へと送り込まれた。ヌメヌメ光る頭から、段差を滑り降りる感覚が全身を駆けた。「あん・・・」うわ言のように、何度も名前を呼んでいた。快感の波が音を立て始めているのが分かった。
[PR] ナイトワーク
[PR] 北海道 デリヘル 求人





巨乳の悩みは多種多様 [制服]


巨乳だと可愛い下着が無いと言っている女性がいるんだけど、ボクの仕事は下着を作っている会社で、そういった声を毎日色々な所で拾っているんだ。でもカップ数の大きな物に可愛いものは無いのはボクも知っていた。しかしそれでもその話題を会社では言えなかったんだ。そして、勇気を出して、会社の会議でそういった話題を持ち出した時、上司に色々と言われてしまったんだ。





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。